HOME>注目記事>横浜で葬儀を行うときに押さえておきたいこと

葬儀の前に知っておくこと

葬儀が必要になった時に慌てないようにするために、事前に知っておきたいことを覚えておきましょう。まず、家族や身内が亡くなったときは、葬儀会社に連絡をするので葬儀会社をある程度決めておきます。

葬儀後に行うべきこと

年金などの給付停止手続き

役所に死亡届を提出するときに、年金などの給付停止手続きも済ませておきましょう。

お礼回りはできるだけ早めに

通夜や葬儀に足を運んでくれた近隣の方や故人の勤務先や友人には、一週間以内を目安にお礼をします。

生命保険の死亡保険金請求

生命保険や死亡保険に加入していたときは、死亡保険金を請求します

遺言書の有無や内容を確認する

故人が遺言書を作成していたら、その内容を確認しておきましょう。

定められたときに法要を行う

初七日、四十九日といった節目に法要を行います。

形式の確認

花と数珠

近年では家族葬を選択する人が増加をしてきています。家族葬であれば葬儀にかかる費用を抑えることもできますし、遺族もゆっくりと故人との別れの時間を設けることができます。横浜市内には家族葬向けの斎場もたくさんあるので、アットホームな雰囲気、自宅から送り出すのと大差のない葬儀を行うことができるようになっています。家族葬ということであれば、一般の参列者は参列を辞退する、ということがルールになっているので注意が必要です。

参列を希望する場合

花

家族葬であっても訃報を知ったのでどうしても故人とのお別れを行いたいということであれば、遺族の了承を得る必要があります。しかし一般的には親族のための儀式という考え方があるので、参列は控えるのが好ましいです。親しい間柄で遺族も故人との関係性をよく知っているのであれば、参列を希望するのもよいかもしれません。出来れば葬儀が終了をしてから数日後にお悔みに行くほうがよいでしょう。横浜市内でも最近では家族葬が一般化をしています。一般参列者まで参列ができる葬儀も減少をしてきているので、親族だけで過ごすということを重要視しているという傾向もあります。宗派などによっても参列の際のマナーやルールが異なることがあるので配慮が必要です。

広告募集中